中国人民元:3週間ぶり大幅高-サマーズ氏訪中で元高容認観測高まる

中国人民元は6日、ドルに対してほ ぼ3週間ぶりの大幅高となった。ドル相場の低迷に加え、サマーズ米 国家経済会議(NEC)委員長の北京訪問で中国人民銀行(中央銀行) が一段の元高を容認するとの観測が高まった。

サマーズ委員長と中国共産党中央政治局委員で党中央組織部長の 李源潮氏が同日、北京で会談したことを受け、元は先月19日以来の高 値を付けた。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は上 海市場で0.24%高の1ドル=6.7874元と、先月17日以来の大幅上昇 となった。一時は6.7855元を付けた。シティグループのエコノミスト、 ケン・ペン氏(北京在勤)は年内に6.7元に達する可能性があるとみ ている。

--Judy Chen. Editors: Sandy Hendry, James Regan

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Judy Chen in Shanghai at +86-21-6104-7047 or xchen45@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Sandy Hendry at +852-2977-6608 or shendry@bloomberg.net