中国:簿外融資の計上、融資余力に影響も-ムーディーズ

米格付け会社ムーディーズ・イン ベスターズ・サービスは、中国銀行業監督管理委員会(銀監会)が 簿外融資をバランスシートに計上するよう銀行に指示を出したこと について、新規融資を行う余力を小さくし、資産の質の低下を招く 可能性があるとの見解を示した。

ムーディーズの6日付のリポートによれば、中国では信託会社 が銀行に代わって保有する企業融資債権や債券、株式などの資産が 6月末時点で約3兆元(約37兆円)相当あった。その約半分が融 資債権とみられるという。

銀監会は先月、これらの融資債権を2011年末までにバランス シートに計上し、損失見込み額の150%に相当する引当金を確保す ることを銀行に命じた。中国政府は今年の新規融資の上限を7兆 5000億元(約93兆円)に設定している。新規融資額は7月までで 5兆2000億元となっている。

ムーディーズのアナリスト、イボンヌ・チャン氏(北京在勤) はリポートで、「融資に関連した資産運用商品が急速に伸びている。 これは、融資上限と規制による政府の制限を銀行がくぐり抜けられ ることを示している。このような取引は簿外であっても数多くのリ スクを銀行にもたらす」と指摘した。

また、融資債権を信託会社から自行のバランスシートに戻せば 銀行は資本増強が必要になるとともに、引当金の積み増しを迫られ る可能性もあるとムーディーズは指摘した。ただ、この「影の信用 市場」が銀行システム全体に占める割合は3%にすぎないため、悪 影響が業界全体に及ぶことはないとしている。

--Luo Jun. Editors: Chitra Somayaji, Philip Lagerkranser

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor: Akiyo Kinoshita 東京 内田良治 Ryoji Uchida +81-3-3201-3396 ruchida2@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: Luo Jun in Shanghai at +8621-6104-7021 or jluo6@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Philip Lagerkranser at +852-2977-6626 or lagerkranser@bloomberg.net