印マルチ・スズキ、スモールカー開発で独VWを支援へ-エクスプレス

インド最大の乗用車メーカー、マル チ・スズキ・インディアは、価格が40万ルピー(約72万円)未満の 新たなスモールカーの開発でドイツのフォルクスワーゲン(VW)を 支援する方針だ。インド経済紙、ファイナンシャル・エクスプレスが 6日、匿名の業界関係者の話として報じた。

同紙によれば、スズキのインド部門であるマルチは、VWからデ ィーゼルエンジン製造の専門的技術を獲得するか、同社から直接エン ジンの提供を受ける計画。

スズキの鈴木修会長兼社長は月内にインド訪問を予定しており、 VW幹部らと多様な協力方法について協議する見通しと同紙は伝えて いる。同紙によると、両社は共同開発や委託生産などの事業協力など 少なくとも3つの重大発表を行う方針。情報源は明らかにしていない。

マルチのR・C・バルガバ会長の携帯電話にかけたが、応答はな かった。