NPC株が急反発、独マイヤーを約10億円で買収-シェア向上を期待

太陽電池製造装置メーカー大手のエ ヌ・ピー・シーの株価が急反発。前週末比5.4%高の1638円と、8月 26日(7.1%高)以来、1週間半ぶりの日中上昇率を記録した。7月に 破たんしたドイツのマイヤー・ソーラーソリューションズを約10億円 で買収したと6日に正式発表。将来的な収益寄与が期待された。

NPCによると、旧マイヤー社の破産管財人が行った8月25日の 入札に参加、880万ユーロ(約9億6000万円)でマイヤーの事業や知 的財産権を承継することが決まったという。従業員110人をそのまま引 き継ぐ意向で、ドイツ国内のボホルト、ロスラの2工場でNPC製品の 生産などを計画している。

コスモ証券の鳥居寛シニアアナリストは、「環境大陸とも言われる 欧州で自社生産拠点を持つ意義は大きい。欧州でのシェアも従来の3割 から5割に高まるM&A(企業の合併・買収)で前向きに評価できる」 としている。

NPCは今回の買収の効果について、「為替リスクの排除、納期短 縮、輸送コストの削減、サービス拠点ネットワークのさらなる拡大」な どが期待できるとリリース内で指摘、シナジー(相乗)効果は大きいと している。