オートバイの富沢選手:世界選手権サンマリノGPレース中に事故死

5日にイタリアのミサノ・ワール ド・サーキットで行われたオートバイの世界選手権シリーズ、サンマ リノ・グランプリのモト2クラスのレースで、日本の富沢祥也選手 (19)が事故死した。

モトGPの公式ウェブサイトに掲載された資料によると、富沢選 手は同国北部のリッチョーネ市内にある病院に搬送されたものの、 「激しいクラッシュによる頭部や胸、腹部の外傷」により、現地時間 午後2時20分に死亡した。

モト2は今季、最高峰のモトGPの下部クラスとして、250ccク ラスに代わって新設された。富沢選手は4月のカタールGPで優勝し ていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE