ギリシャ国民:経済の先行きと政府の能力について悲観的-世論調査

ギリシャ政府の効率性は低下してお り、経済状況は一段と悪化する可能性が高いと同国国民が考えている ことが、世論調査で明らかになった。

同国のリアルニュース紙が5日報じたMRBヘラス実施の調査に よると、76%が同国経済は改善しないと回答した。欧州連合(EU) と国際通貨基金(IMF)による1100億ユーロ (約12兆円)の緊急 支援と引き換えに、同国政府が緊縮財政の実施で合意した数日後の5 月5-6日に行われた世論調査では89.9%がそう回答しており、これ よりは低い数字となった。

9月1-2日に行われた今回の調査では、約58%が政府の効率性 は低下していると回答したほか、57.2%は内閣改造が必要とした。ま た、69.3%が現在の政府の政策では成長への回帰の基礎を築けないと している。