米CEA委員長:8月の雇用統計は二番底リスク懸念を払しょく

【記者:Joshua Zumbrun and Carol Massar】

9月3日(ブルームバーグ):ロマー米大統領経済諮問委員会(C EA)委員長は、8月の雇用統計で民間部門雇用者が市場予想以上に 増加したことについて、米経済がリセッション(景気後退)に逆戻り するとの懸念を払しょくするとの見解を示した。

同委員長はブルームバーグテレビジョンの「ストリート・スマー ト」とのインタビューで、「リセッションに逆戻りするのではという不 安は払しょくされると思う」と指摘。その上で、「これが8月の雇用統 計が持つ重要性の1つだ」と述べ「雇用創出はわれわれが望んでいた ほど強くはないが、8月の雇用統計は安定的かつ継続的な民間部門の 雇用の伸びを示している。この流れを拡大していく必要がある」と語 った。

ロマー氏は3日でCEA委員長のポストを離れ、カリフォルニア 大学バークレー校に復帰する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE