丸紅:「新排出権」使い石炭火力発電所を建設-アジアで受注

丸紅は新しい温暖化ガス排出枠の仕 組みを使って、海外での高効率石炭火力発電所の建設に乗り出す、と4 日付の日本経済新聞朝刊が報じた。高効率設備の導入による二酸化炭素 (CO2)の発生抑制分を排出枠として買い取り、相手国の導入負担を軽 減する。アジア諸国を対象に、2020年までに最大400万キロワットの受 注を目指すという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE