グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場の動 きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は続伸。不動産株が高い。サイノ・ランド(信和置業、 83 HK)が予想を上回る利益を発表したことや、香港の住宅販売がほぼ 3年ぶりの高水準になったことを手掛かりに買われた。

資産家ロバート・ウン氏が経営する香港の不動産会社、信和置業は

3.2%高。同社の通期利益はアナリスト予想を上回った。世界最大の不 動産会社、サンフンカイ・プロパティーズ(新鴻基地産発展、16 HK) は0.5%高。中国2位の保険会社、中国平安保険(集団、2318 HK)は

5.5%上昇。同社株の売り出し価格が仮条件レンジの上限となったこと が好感された。チャイナ・モバイル(中国移動、941 HK)やテンセン ト・ホールディングス(騰訊、700 HK)も高い。

一方、世界的なファッション小売業のエスプリ・ホールディングス (330 HK)は5.4%安と続落。複数の証券会社による投資判断引き下 げが響いた。

三菱UFJインベストメント・サービス(運用資産650億ドル) のファンドマネジャー、冨田道也氏(香港在勤)は、香港の住宅販売統 計が域内不動産会社についての良好な見通しにつながったと指摘。投資 家は不動産セクターに関して強気に転じているとの見方を示した。

ハンセン指数は前日比102.58ポイント(0.5%)高の20971.50。 構成43銘柄中、上昇が25、下落が11、変わらずが7銘柄。今週の週 間騰落率はプラス1.8%となった。ハンセン中国企業株(H株)指数は 前日比0.7%高の11767.41。

【中国株式市況】

中国株式市場では、過半の銘柄が上昇。販売増加見通しを支えに自 動車株が高い。一方、政府による不動産投機抑制措置の導入を懸念して、 不動産株は下落した。指標の上海総合指数はほぼ変わらず。

中国最大の自動車メーカー、上海汽車集団(SAICモーター、 600104 CH)は8カ月ぶりの高値に上昇。中国東方紅衛星(600118 CH) は5%高となり、衛星ナビゲーション関連株の上げを主導した。中国政 府が向こう5年間の計画の一環として、同業界への投資を増やすと伝え た上海証券報の報道を好感した。中国最大の発電機器メーカー、上海電 気集団(601727 CH)も高い。

一方、中国最大の不動産開発会社、万科企業(000002 CH)は0.8%、 同2位の保利房地産集団(600048 CH)は0.5%それぞれ下落。BN Pパリバが住宅価格は今月の水準から下落するとの見通しを示したこ とや、北京市星石投資管理が中国の不動産市場は「巨大なバブル」の状 態にあると指摘したことが弱材料。

精熙投資管理の最高投資責任者、王征氏(上海在勤)は「世界経済 と中国経済が二番底に陥るリスクは大きくない。このため、連鎖的な株 安の可能性はない」と指摘した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動す る上海総合指数は、前日比0.38ポイント(0.01%)安の2655.39で 取引終了。上昇銘柄と下落銘柄の比率は約5対4だった。今週の騰落率 はプラス1.7%と、7月30日終了週以来の大幅高となった。上海、深 セン両証取のA株に連動するCSI300指数は前日比1.19ポイント安 の2920.21。

【インド株式市況】

インド株式市場では大半の銘柄が上昇し、指標のセンセックス 30 種株価指数は週間ベースでプラスとなった。景気拡大からインド企業が 恩恵を受けるとの期待が背景にある。

北米から売上高の3分の2を得ているソフトウエア輸出企業、イン フォシス・テクノロジーズは1カ月ぶり高値を付けた。今週発表された 米国と中国の一連の経済統計が予想を上回る内容だったことから、世界 景気が持ち直しつつあるとの見方が強まった。

一方、国内最大の風力タービンメーカー、スズロン・エナジーは1 週間ぶり安値に落ち込んだ。リライアンス・インダストリーズがスズロ ン株取得を計画しているとの報道を否定したことが売りにつながった。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種は前日比16.88ポイント (0.1%)安の18221.43で引けた。前週末比では1.2%上げた。この 日の取引は方向感のない展開に終始した。

インフォシス(INFO IN)は0.9%高の2777.45ルピーと、先月 23日以来の高値で引けた。一方、スズロン(SUEL IN)は2.4%下げ

50.05ルピー。前日は10%上げていた。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比8.5ポイント(0.2%)高の4541.2。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比4.29ポイント(0.2%)高の1780.02。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比109.39ポイント(1.4%)高の7830.21。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比15.90ポイント(0.5%)高の3002.56。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサマレーシアKLCI指数は前日比5.40ポイント (0.4%)安の1435.67。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比9.36ポイント(1%)高の929.90。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比42.13ポイント(1.4%)高の

3164.28。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比68.16ポイント(1.9%)高の

3734.70。