FAO:ロシアの穀物禁輸措置延長「危機ではない」-状況は厳しい

国連食糧農業機関(FAO)の穀物 担当シニアエコノミスト、アブドルレザ・アバシアン氏は、ロシアが 穀物輸出の禁止措置を延長する方針を示したことに触れ、危機ではな いものの、価格変動を大きくする可能性があるとの見解を示した。

同氏はパリからの電話で「これまでいかなる危機も宣言していな い。時期尚早だ」と発言。「だが、逼迫(ひっぱく)した状況でないと は言っていない。非常に厳しい状況だ」と続けた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ロンドン 藤森英明 Hideharu Fujimori +44-20-7673-2178 hfujimori@bloomberg.net Editor: 記事に関する記者への問い合わせ先: Maria Kolesnikova in Moscow at +7-495-771-7707 or mkolesnikova@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Stuart Wallace at +44-20-7673-2388 or swallace6@bloomberg.net