ユーロ圏:8月の総合景気指数改定値:56.2、速報から上方修正

ユーロ圏のサービス業と製造業の 活動を示すユーロ圏総合景気指数の8月改定値は、速報値から上方 修正された。前月比では低下し、輸出主導型の景気回復の勢いが失 われつつあることをあらためて示した。

マークイット・エコノミクスが3日発表した8月の総合景気指 数は56.2と、8月23日発表の速報値56.1から引き上げられた。 7月の56.7からは低下。同指数は50を上回ると生産活動の拡大を 示す。

8月のサービス業景気指数は55.9(速報値=55.6)と7月の

55.8から上昇した。1日に発表された8月の製造業景気指数は

55.1と、前月の56.7を下回った。