豪中銀は政策金利を年内据え置きへ、インフレの落ち着きで-TD

オーストラリア準備銀行(中央銀 行)は、インフレが落ち着いている兆候が見られるため、政策金利を 年内据え置くと、カナダ2位の銀行傘下のTDセキュリティーズは予 想した。

同社は2日付のリポートで、豪中銀は次の利上げを来年1-3月 (第1四半期)まで実施しないと指摘、年内を見込んでいた従来予想 を修正した。アンドリュー・スペンス氏率いるTDのアナリストはリ ポートで、インフレは「引き続き目標水準内に十分とどまっている」 と判断、それによって中銀は政策金利を現行の4.5%で維持すること が可能になったと分析した。

TDは豪中銀が政策金利を2011年1-3月期に4.75%に引き上 げ、その後は四半期ベースの消費者物価指数(CPI)発表に伴って 段階的に利上げし、来年末までに政策金利は5.5%に達するとみてい る。