BOAメリルのアジア・ウエルスマネジメント責任者、ハン氏が退職へ

米銀バンク・オブ・アメリカ(BO A)のメリルリンチ部門のアジア太平洋地域担当ウエルスマネジメン ト責任者、アントニー・ハン氏が退職する。社内文書で明らかになっ た。

グローバル資産運用・投資管理部門のサリー・クローチェック社 長とアジア太平洋部門のブライアン・ブリレ社長からの内部文書によ れば、ハン氏(50)は別の専門的な関心を追求するという。香港在 勤の広報担当者、ロブ・スチュワート氏が文書の内容を確認した。

ハン氏は1993年、メリル入社。2007年にアジア太平洋地域の債 券・商品・為替事業の単独責任者となり、1年後には現職に就任して 域内の富裕層向け事業のてこ入れに努めた。

社内文書によれば、北アジア担当グローバル・ウエルスマネジメ ント責任者、ウィルソン・ソー氏がアジア太平洋地域のウエルスマネ ジメント部門の暫定責任者を務めるという。ハン氏からのコメントは 今のところ得られていない。