ドイツ政府:原発ウラン使用に課税へ、グラム220ユーロ-南ドイツ新

ドイツのメルケル政権は原子力発電 所で使用されるウランやプルトニウムにグラム当たり220ユーロ(約 2万3800円)の税金を課す計画だと、南ドイツ新聞が伝えた。情報源 は明示していない。

同紙によると、原発事業者であるドイツのエーオン、RWE、E nBWエネルギー・バーデンビュルテンベルク、スウェーデンのバッ テンフォールが課税対象となり、年間23億ユーロの税収が国庫に入る。

また同紙は、電力会社は納税を通じ財政赤字削減に貢献すること になると指摘。従来は政府との協定を交わす案が検討されていたとい う。