【テクニカル分析】原油、60ドル近辺まで下落か-弱気パターン継続

独立系アナリスト、ジム・ステラキ ス氏のテクニカル分析によると、原油相場は5月に始まった下降局面が 継続し1バレル=60ドル近辺まで下落する態勢に入っている。

ステラキス氏は「8月の原油価格下落は、5月に始まった長期の弱 気パターンが継続していることを示している」と述べた。この「ベアフ ラッグ・パターン」は、上昇取引レンジを急に下回った後に現れる。

10月限は8月中に9.4%下落し、下値支持線を下回った。5月に は14.05ドル(15%)下落した。

ステラキス氏は、今後数カ月間の価格目標について、5月に始まっ た最初の下落の長さによって導き出されるとし、下値支持線を下回るこ とになりそうだと予想した。

ステラキス氏は「商品の中でエネルギーはテクニカル的には最も弱 くなっている。価格の下落が続けば供給が依然として需要を上回ってい ることを示す」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE