香港株(終了):続伸、信和置業など不動産株が上昇-エスプリ安い

香港株式相場は続伸。不動産株 が高い。サイノ・ランド(信和置業、83 HK)が予想を上回る利益 を発表したことや、香港の住宅販売がほぼ3年ぶりの高水準になっ たことを手掛かりに買われた。

資産家ロバート・ウン氏が経営する香港の不動産会社、信和置 業は3.2%高。同社の通期利益はアナリスト予想を上回った。世 界最大の不動産会社、サンフンカイ・プロパティーズ(新鴻基地産 発展、16 HK)は0.5%高。中国2位の保険会社、中国平安保険 (集団、2318 HK)は5.5%上昇。同社株の売り出し価格が仮条 件レンジの上限となったことが好感された。チャイナ・モバイル(中 国移動、941 HK)やテンセント・ホールディングス(騰訊、700 HK) も高い。

一方、世界的なファッション小売業のエスプリ・ホールディン グス(330 HK)は5.4%安と続落。複数の証券会社による投資判 断引き下げが響いた。

三菱UFJインベストメント・サービス(運用資産650億ド ル)のファンドマネジャー、冨田道也氏(香港在勤)は、香港の住 宅販売統計が域内不動産会社についての良好な見通しにつながっ たと指摘。投資家は不動産セクターに関して強気に転じているとの 見方を示した。

ハンセン指数は前日比102.58ポイント(0.5%)高の

20971.50。構成43銘柄中、上昇が25、下落が11、変わらずが 7銘柄。今週の週間騰落率はプラス1.8%となった。ハンセン中 国企業株(H株)指数は前日比0.7%高の11767.41。