9月2日の海外株式・債券・為替・商品市場(Update2)

欧米市場の株式、債券、為替、 商品相場は次の通り。

◎NY外為:ドルは下落、米住宅統計の上昇でリスク志向

ニューヨーク外国為替市場ではドルが主要通貨16通貨のうち 13通貨に対して下落した。中古住宅販売成約指数が予想外に上昇し、 住宅市場が安定し始めている兆候と受け止められ、高利回り資産が選 好された。

ユーロは対ドルで2週間ぶりの高値に迫った。欧州中央銀行(E CB)のトリシェ総裁が二番底は「想定していない」と述べたのが手 掛かり。ECBはこの日、政策金利を1%で据え置くと決定。トリシ ェ総裁は政策金利決定後の記者会見で物価に対するリスクは「上向き」 との認識を示した。この日の株式は上昇した。

野村ホールディングスの為替調査担当マネジングディレクター、 ジェンズ・ノードビグ氏(ニューヨーク在勤)は、「米国の経済統計 ではこれまで長い間ネガティブなサプライズが続いたが、ようやく失 望されない数字が出てきた」と述べ、「これがドルを守勢に立たせて いる。特にリスクの高い通貨に対してはドルが圧迫されている」と続 けた。

ニューヨーク時間午後4時57分現在、ドルは対円で0.2%下 げて1ドル=84円31銭(前日は84円44銭)。ユーロは対ドル で0.1%高の1ユーロ=1.2827ドル。前日は1.2809ドルだった。 ユーロは対円ではほぼ変わらずの1ユーロ=108円13銭(前日は 108円15銭)

レアルとクローネ

ブラジル・レアルとノルウェー・クローネは、対ドルでそれぞれ

1.1%と0.7%の上げ。主要通貨に対する値上がり率でトップだっ た。

3日の米雇用統計発表を控えて上値は重かった。ブルームバーグ がまとめた予想によると、8月の民間部門雇用者数は4万人増加が見 込まれている。前月は7万1000人の増加だった。非農業部門雇用 者数全体では10万5000人の減少が予想されている。

この日は英ポンドとカナダ・ドルが値下がり率トップだった。カ ナダ・ドルは対米ドルで0.3%下げて1ドル=1.0534カナダ・ド ル。英ポンドは0.4%安の1ポンド=1.5401ドル。英国の8月の 住宅価格は過去半年間で最大の下落だった。

全米不動産業者協会(NAR)が発表した7月の中古住宅販売 成約指数(季節調整後)は前月比5.2%上昇した。ブルームバーグ がまとめたエコノミスト調査の予想中央値は1%低下だった。前月は

2.8%の低下だった。

ユーロの下落

ECBはこの日、ユーロ圏の2010年経済成長率見通しを1.4 -1.8%と、従来の0.7-1.3%から上方修正した。また、トリシ ェ総裁は緊急措置として導入した市中銀行への無制限の資金供給を 2011年に入ってからも継続すると表明した。

ブルームバーグのデータによると、ユーロは年初来、先進9カ 国の通貨に対して9.3%下落。主要10通貨の中で最大の下落率だ った。ギリシャやスペインといった国の過剰債務に対する投資家の懸 念が影響している。

スイス・フランはこの日、対ドルで12月以来初めてのパリティ ー(等価)に迫った。スイスの4-6月(第2四半期)の経済成長率 が前期比0.9%と、ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想 (0.8%)を上回ったのが手掛かり。

フランは対ドルで1ドル=1.0130フラン。一時、0.6%上げ て1ドル=1.0096フランをつけた。

◎米国株:大幅高の流れ継続、経済統計や大型買収を好感

米株式相場は続伸。S&P500種株価指数は2カ月ぶり大幅高 となった前日の流れを引き継いだ。米経済統計で既存店売上高の改善 に加え、新規失業保険申請件数の減少や、中古住宅販売成約指数の上 昇が示されたことが手掛かり。

ノードストロムやJCペニー、リミテッド・ブランズがいずれも 大きく上昇。8月の既存店売上高が市場予想を上回ったことが背景。 バーガーキング・ホールディングスは急伸。同社は米投資会社3Gキ ャピタルに40億ドル(約3370億円)で身売りすることで合意し た。一方、メキシコ湾に所有するプラットフォーム(石油生産施設) で爆発が起きた石油・ガス探査会社の米マリナー・エナジーは下落し た。

S&P500種株価指数は前日比0.9%高の1090.10。2日間 の上昇率としては7月上旬以来の最大となる。ダウ工業株30種平均 は50.63ドル(0.5%)上昇の10320.10ドル。

ソラリス・アセット・マネジメント(ニューヨーク)のティモシ ー・グリスキー最高投資責任者(CIO)は、「この日の統計は市場 に優しい数字だった」と指摘。「経済統計が安定し、いつかは改善す るとの期待が高まれば、その分、相場の上昇余地は拡大する。3日発 表の雇用統計が鍵を握るだろう」と述べた。

株式相場は8月に同月としては過去9年間で最大の下落となって いたが、前日は上昇。S&P500種は3%値上がりした。製造業統 計が市場予想を上回ったことを背景に、世界経済が減速するとの懸念 が和らいだ。ただ、同株価指数は4月に付けた年初来高値をなお 10%下回っている。景気回復の鈍化で、企業の収益性が損なわれる との懸念が背景にある。

小売株が高い

小売株を中心に消費者サービス株指数が上昇。同指数はS&P 500種の業種別10指数の値上がり率トップとなった。リテール・ メトリックスによると、8月の既存店売上高は3.5%増加した。リ テール・メトリックスでは2.8%増を予想していた。

ノードストロムは8.1%高と、S&P500種の構成銘柄で値上 がり率トップ。全米で100店舗以上を展開する高級百貨店チェーン の同社が発表した8月の既存店売上高は6.3%増加し、伸び率はア ナリスト予想の5.5%増を上回った。

JCペニーは3.2%高。米百貨店チェーン3位の同社の既存店 売上高は2.3%増加。アナリスト予想は1.6%増だった。

リミテッド・ブランズは6.1%高。ランジェリー店チェーン 「ビクトリアズ・シークレット」などを展開する同社の既存店売上高 は10%増加。アナリスト予想は7%増だった。

バーガーキング買収

バーガーキングは25%急伸。米ハンバーガー店チェーン2位の 同社は3Gキャピタルに身売りすることで合意した。身売り総額は債 務も含めて40億ドル。1株当たりでは24ドルとなり、身売り観測 が報じられる前の8月31日の株価終値を46%上回る。

コンピューターデータ保管の米3PARは2.5%高。米ヒュー レット・パッカード(HP)は同社に対し、約23億ドルでの買収案 を提示。米デルとの18日間に及ぶ3PAR争奪戦は、デル脱落とい う形で終止符が打たれた。デルは2%値上がり。

マリナー・エナジーは2.6%高。米沿岸警備隊は、同社がメキ シコ湾に所有するプラットフォームで爆発が起きたと明らかにした。

経済統計

米労働省が発表した8月28日に終わった1週間の新規失業保 険申請件数(季節調整済み)は前週から6000件減少して47万 2000件。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の 中央値は47万5000件だった。年初来からの平均は46万3000 件を超えた。

全米不動産業者協会(NAR)が発表した7月の中古住宅販売成 約指数(季節調整後)は前月比5.2%上昇した。ブルームバーグが まとめたエコノミスト調査の予想中央値は1%低下だった。

◎米国債:10年債は続落、中古住宅成約指数の上昇で

米国債市場では、10年債が7月以来で初めて続落となった。7 月の中古住宅販売成約指数が上昇したことで、比較的安全な国債への 需要が後退した。

10年債と2年債の利回り格差は拡大。あす3日発表の雇用統計 を前に、景気回復の失速懸念が和らいだことが背景にある。米財務省 は2日、10年物インフレ連動債(TIPS)の入札を実施。来週に は3年、10年、30年債の入札(発行総額670億ドル)を実施する。

モルガン・スタンレー・スミス・バーニーの債券ストラテジスト、 ケビン・フラナガン氏は、「市場は完全織り込み済みの兆候を示して おり、地合いはやや弱い。これまでのような上昇を維持するためには、 市場には経済活動の低下が続いていることを示唆する情報が必要だ」 と加えた。

BGキャンター・マーケット・データによると、ニューヨーク時 間午後4時10分現在、10年債利回りは前日比5ベーシスポイント (bp、1bp=0.01%)上昇の2.62%。同年債(表面利率

2.625%、2020年8月償還)は、13/32下げて100。

2年債利回りは1bp未満下げて0.50%。30年債利回りは6 bp上げて3.71%。

10年債と2年債の利回り格差は2.12ポイントに拡大した。

米国債の変動性

米国債のボラティリティ(変動性)は今週、3カ月ぶり高水準に 達した。償還年限2-30年の米国債の店頭オプション価格を基にし たボラティリティの指数であるバンク・オブ・アメリカ(BOA)メ リルリンチのMOVE指数は、1日に110.10と、6月1日以来の 水準に上昇した。

この日の10年物TIPS入札では、投資家の需要を測る指標の 応札倍率は2.80倍となった(過去10回の入札の平均は2.62 倍)。最高落札利回りは1.019%と過去最低。前回入札(7月8日) は1.295%だった。

ジェフリーズ・グループの政府債エコノミスト、トーマス・サイ モンズ氏は顧客向けリポートで、「この1年間、発行ペースの大きな 加速やTIPSへの関心がほとんど高まらないような物価環境にもか かわらず、TIPS相場はかなり目立って活気づいてきた」と指摘し た。

TIPS

10年債と同年限のTIPSの利回り格差は、この日1.62ポイ ントに拡大した。8月25日には年初来最小の1.47ポイントを付 けた。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチの指数によれば、 TIPSの年初来のリターンは5.9%。米国債全体では8.2%。

財務省はこの日、3年債(330億ドル)、10年債(210億ド ル)、30年債(130億ドル)の入札を来週実施すると発表した。発 行総額670億ドルは、この3つの年限の組み合わせとしては09年 7月以降で最少。8月は740億ドル、2月は過去最高に並ぶ810 億ドルだった。

全米不動産業者協会(NAR)が2日に発表した7月の中古住宅 販売成約指数(季節調整後)は前月比5.2%上昇した。ブルームバ ーグがまとめたエコノミスト調査の予想中央値は1%低下だった。

◎金先物市場:反発、低金利の長期化観測で代替投資に魅力

ニューヨーク金先物相場は反発。世界の中央銀行が長期間にわた り政策金利を低水準に維持するとの見方を背景に代替投資先としての 金の魅力が増し、今週3日目の上昇した。

欧州中央銀行(ECB)は2日、定例政策委員会を開き、景気回 復を支えるため政策金利を過去最低の1%に据え置くことを決定した。 米連邦準備制度理事会(FRB)は2008年12月以降、政策金利 を0-0.25%で維持している。金は年初から14%上昇。6月には オンス当たり1266.50ドルと、過去最高値を更新した。

インテグレーテッド・ブローカレッジ・サービシズのヘッドディ ーラー、フランク・マギー氏(シカゴ在勤)は、「市場は低金利政策 が長期化すると予想しており、おそらく金融緩和と景気刺激の追加措 置が取られるとみている」と指摘。「そうなれば金は上昇するだろう。 為替が横ばいとなったとしても、金には上昇余地がある」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 相場12月限は前日比5.30ドル(0.4%)高の1オンス=

1253.40ドルで取引を終了。1日には一時1256.60ドルと、中 心限月としては6月28日以来の高値を付けた。

◎原油先物市場:上昇、メキシコ湾の石油プラットフォーム爆発

ニューヨークの原油先物相場は上昇。石油・ガス探査会社の米マ リナー・エナジーがメキシコ湾に所有するプラットフォーム(石油生 産施設)で爆発が起き、規制強化により同地域の生産が減少するとの 懸念が強まった。

米沿岸警備隊がルイジアナ州沿岸から90マイルに位置するプラ ットフォームでの爆発を明らかにすると、原油は上昇に転じた。オバ マ米大統領は英BPの油井で発生した原油流出事故を受け、5月27 日に深海掘削とガス掘削の解禁を延期する方針を発表した。

エネルギー顧問会社、オイル・アウトルックス・アンド・オピニ オンズ(ヒューストン)のカール・ラリー社長は、「石油プラットフ ォームの爆発を手掛かりに原油は上昇している」と指摘。「米政府に は掘削解禁の延期という武器がある。今後、メキシコ湾での原油生産 に関し、コスト上昇や生産ペースの鈍化が起きるだろう」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物10月限は前 日比1.11ドル(1.50%)高の1バレル=75.02ドルで取引を終 了。爆発事故前には80セント(1.1%)下げる場面も見られた。

◎欧州株式市場:総じて上昇、米経済統計を手掛かり

欧州株式相場は総じて上昇。米中古住宅成約指数が予想外に前月 比で上昇したほか、新規失業保険申請が減少したことで、米経済が再 びリセッション(景気後退)に陥るとの懸念が緩和された。

フィンランドのストラ・エンソとスウェーデンのホルメン、ノル ウェーのノルスク・スコギンダストリヤー、北欧の製紙メーカー3社 が4%以上の値上がり。新聞印刷用紙の合弁事業を始める可能性があ るとのフィンランド紙報道が背景にある。電話帳出版の英イエル・グ ループは13%高。身売り観測を手掛かりに買われた。酒造の仏ペル ノ・リカールは2.4%安。同社の決算は利益がアナリスト予想を下 回った。

ストックス欧州600指数は258.18と、前日からほぼ変わらず。 騰落比率は3対2だった。1日には米国と中国の経済指標で製造業活 動の伸びが示されたことで、同株価指数は5月27日以来の大幅高と なった。4月に付けた年初来の高値は依然として5.1%下回ってい る。

パイオニア・インベストメンツのドイツ部門の株式ポートフォリ オマネジメント責任者、マルクス・シュタインバイス氏は、「全般的 に状況はかなり不安定であり、景気は引き続き勢いを失いつつある」 と指摘した上で、「9月は市場が低迷すると予想する投資家が多い中、 今後数週間で相場が上昇する可能性はある」と続けた。

米労働省が発表した先週の新規失業保険申請件数は47万2000 件と、景気拡大にもかかわらず雇用情勢が改善していないことが示唆 された。全米不動産業者協会(NAR)が発表した7月の中古住宅販 売成約指数は前月比5.2%上昇。7月の米製造業受注額は伸びが予 想を下回った。

ストラ・エンソは4.3%高。ホルメンは6.7%上げ、ノルス ク・スコギンダストリヤーは10%上昇した。フィンランド紙ヘルシ ンギン・サノマットは、3社が新聞印刷用紙の合弁事業を計画してい ると、情報源を明らかにせずに伝えた。

ウイスキーの「シーバス・リーガル」やウォッカの「アブソルー ト」で知られるペルノ・リカールは2.4%安。同社が発表した 2010年6月期決算は純利益が前年比0.6%増の9億5100万ユー ロと、アナリスト予想の9億8700万ユーロを下回った。

◎欧州債券市場:独10年債は下落-ECBが景気見通し引き上げ

欧州債市場ではドイツ10年債相場が下落し、同利回りは約2週 間ぶりの高水準となった。欧州中央銀行(ECB)が景気見通しを上 方修正したことを背景に、域内で最も安全とされるドイツ国債に対す る需要が後退した。

独30年債相場も下落。この日発表された統計で、ユーロ圏輸出 が4-6月期に記録的な伸びとなったほか、2年にわたり低迷してい た企業投資が増加したことが背景にある。

ECBは政策金利を過去最低の1%に据え置いた。トリシェ総裁 は政策決定後の記者会見で、緊急措置として導入した市中銀行への資 金供給を2011年に入ってからも継続すると表明。景気が二番底に 陥るリスクは低いとの考えを示した。

デービー・キャピタル・マーケッツ(ダブリン)のトレーダー、 イーモン・ライリー氏は、「国債利回りは上昇した。トリシェ総裁が 一部で期待されたほどハト派的でなかったためだ。予想を上回った経 済指標の後の発言とあって、相場にはマイナスだった」と語った。

ロンドン時間午後5時現在、独10年債利回りは前日比6ベーシ スポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の2.28%。一時は

2.31%まで上げ、8月20日以来の高水準となった。同国債(表面 利率2.25%、2020年9月償還)価格は0.565ポイント下げ

99.710。

2年債利回りは1bp低下の0.61%。一方、30年債利回りは 9bp上げ2.87%となった。

ECBはこの日、ユーロ圏の2010年経済成長率見通しを1.4 -1.8%と、従来の0.7-1.3%から上方修正した。11年について は0.5-2.3%(従来予想0.2-2.2%)に引き上げた。

◎英国債市場:下落、10年債利回り2.96%-国債入札不調

英国債相場は下落。10年債利回りは前日比3ベーシスポイント (bp、1bp=0.01%)上昇の2.96%。2年債利回りも3bp 上昇し0.72%となった。

英公債管理局(DMO)がこの日実施した2014年償還の国債 (表面利率5%)入札で、応札倍率は1.69倍となり、6月17日 の前回入札の2.28倍を下回った。最高利回りと平均利回りの格差 (テール)は0.7bpと、6月入札の0.2bpから拡大した。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212- 617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 名子 知子 Tomoko Nago-Kern +1-212-617-2407 tnagokern@bloomberg.net ニューヨーク 大塚 美佳 Mika Otsuka +1-212-617-5823 motsuka3@bloomberg.net Editor:Tsuneo Yamahiro, Akiko Nishimae 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE