米SEC、5月の米株価急落における注文取り消しを調査-関係者

5月6日にダウ平均が短時間で 700ドル急落した問題で米証券取引委員会(SEC)は、高速取引に 携わるトレーダーらが株価操作を図り、注文を出して瞬時に取り消す 行為を繰り返したことが一因になったかどうかを調査している。事情 に詳しい関係者1人が明らかにした。

同調査が非公開であることを理由にこの関係者が匿名で語ったと ころによると、「クオートスタッフィング」と呼ばれる同手法は当局 が調査している幾つかの市場慣行の1つ。

SECの調査については1日に米紙ウォールストリート・ジャー ナル(WSJ)が報じていた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 城塚 愛也 Aiya Shirotsuka +81-3-3201-2482 ashirotsuka@bloomberg.net Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Joshua Gallu in Washington at +1-202-624-1810 or jgallu@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Lawrence Roberts at +1-202-624-1985 or lroberts13@bloomberg.net.