FRB議長:「リーマン救済不可能だった」と断言せず後悔-証言

バーナンキ米連邦準備制度理事 会(FRB)議長は、2008年にリーマン・ブラザーズ・ホールデ ィングズが破たんした後の議会証言で、「同行を救済することは不 可能だった」と断言しなかったことを後悔していると述べた。

バーナンキ議長は、金融危機調査委員会(FCIC)がワシン トンで開いた議会公聴会での質疑応答で、当時の証言が「FRBに はリーマンを救う道があったという誤った考えにつながってしま った」と述べ、「リーマン救済は不可能だったと、もっとはっきり と言わなかったことを後悔している。これがFRBには何かできた はずだという誤った印象を与えてしまったのは明らかだからだ」と 続けた。