中国人民元、一時2週間ぶり大幅高-中銀の中心レート引き上げで

中国人民元の対ドル相場は2日、一 時2週間ぶりの大幅高となった。中国人民銀行(中央銀行)がドルの 下落や世界的な景気加速を裏付ける経済指標の発表を受けて元の中心 レートを引き上げたのが背景。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は上 海時間午後5時半(日本時間同6時半)現在、前日比0.05%高の1ド ル=6.8084元。一時0.19%高の6.7987元と、2週間ぶりの大幅上昇 となった。

人民銀は中心レートを0.18%引き上げ6.8003元とした。7月2 日以来の最大の引き上げだった。

ブルームバーグの集計データによると、元の1年物ノンデリバラ ブル・フォワード(NDF)は、0.04%安の6.7104元。この水準は今 後1年間で元現物が1.5%上昇するとの予想を織り込んでいる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE