英豪リオ:鉄鉱石価格、13%下落か、中国の需要軟化で-10~12月

世界2位の鉄鉱石供給企業、英豪 系リオ・ティントは、鉄鋼原料となる鉄鉱石の契約価格が10-12月に 13%下落する可能性が高いとの見方を示した。予想通りなら3四半期で 初となる。中国の需要軟化を理由として挙げた。

リオの鉄鉱石事業の責任者、サム・ウォルシュ氏は2日、10-12 月の価格は7-9月の水準から下落し1トン当たり127ドル近辺になる との見通しを示した。鉄鉱石価格は4-6月にほぼ2倍に、6-9月で は20%以上上昇した。

ウォルシュ氏はウエスタンオーストラリア州のピルバラにあるリオ のブロックマン鉱山で記者団に対し「価格は上昇したり下落したりする だろう。価格動向は明らかに、経済状況や供給に関連している」と述べ た。

リオやBHP、ブラジルのヴァーレは今年、約40年間続いた鉄鉱 石の年次価格設定システムを廃止。スポット価格指数に連動する四半期 ベースの合意に移行した。これら3社は世界の鉄鉱石貿易の約75%を 占める。株式公開している鉄鋼メーカーとしては中国最大手の宝山鋼鉄 は今週、需要軟化により中国の鉄鋼価格には下押し圧力が加わっている と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE