1-8月外為取引のリターン、トレンド重視の戦略が最高-RBS指数

外国為替市場では今年、トレ ンドに従う戦略を取る投資家のリターンが最大となっている。対 ドルでユーロが11%下落し、円が急騰したことが、高い運用成 績を上げる要因となった。

4つの主要な外為投資戦略の運用成績を追跡するロイヤル・ バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)の指数によ ると、トレンドをフォローする戦略のリターンが1-8月にプラ ス7.3%と最高だった。一方、最低だったのはボラティリティ (変動性)に注目する戦略で、マイナス5.9%。この戦略は、急 激な相場変動が後退すると利益が出る。

アルテグリス・インベストメンツのグローバル販売・コンサ ルティング責任者、ディック・フィスター氏は「トレンドに従う 投資家は、何回か為替相場が大きく変動する際に勢いに乗じてい る」とし、「為替相場や金利の動向を動かすことが多いインフレ やデフレに関して、今は不透明感が非常に強い。これはトレンド をフォローする投資家には朗報だ。通常、高収益をもたらすボラ ティリティの要因になるためだ」と述べた。

低利回りの通貨を借り入れ、高リターンが得られる国に投資 する戦略は運用成績がマイナス4.4%。バリュエーションを重視 する戦略はプラス4.5%だった。