米GM:インドネシア工場の操業再開も、約126億円投じる公算

米自動車最大手、ゼネラル・モー ターズ(GM)は、約5年間閉鎖していたインドネシアの工場の操業 再開に向け、1億5000万ドル(約126億円)を投じる可能性があ る。同社国際部門プレジデント、ティム・リー氏が明らかにした。

リー氏は2日、バンコクでの会見で、同工場を操業再開するかど うかは90日以内に決定すると語った。再開された場合、当初の生産 能力は年間5万台になる可能性があるという。生産するのは多目的車 としている。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 望月千晶 Chiaki Mochizuki +81-3-3201-7292 cmochizuki@bloomberg.net Editor: Aiya Shirotsuka 記事に関する記者への問い合わせ先: Anuchit Nguyen in Bangkok at +66-2-654-7308 or anguyen@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Tony Jordan at +66-2-654-7323 or tjordan3@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE