南アフリカ共和国:高速鉄道などの整備で中国と覚書-運輸省

南アフリカ共和国は国内の鉄道サー ビス向上を目指し、中国との間で覚書に署名した。南ア運輸省が明ら かにした。

同省のジョージ・マウラレラ氏によれば、同国は今年10月から商 業の中心地ヨハネスブルクと東部港湾都市ダーバンを結ぶ高速鉄道の 建設に向けて、需要調査を実施する予定だ。また、ヨハネスブルク市 内の交通網のほか、同市とケープタウンやジンバブエとの国境を結ぶ 路線の建設も計画されているという。

中国の鉄道建設会社、中国中鉄は8月24日、300億ドル(約2兆 5300億円)規模のヨハネスブルク・ダーバン間の高速鉄道敷設をめぐ り南ア政府と交渉していることを明らかにしていた。

詳細や中国が投資する金額は決まっていない。マウラレラ氏は、 中国側との協力の指針を11月までに策定するとしている。