日本株は続伸、過度の米景気不安和らぎ輸出高い-薄商い

日本株相場は続伸し、日経平均株価 は終値で3日ぶりに9000円を回復した。米国で1日に発表された8月 の米供給管理協会(ISM)の製造業景況指数が市場予想を上回り、 米景気に対する過度の懸念が和らいだ。電機や輸送用機器、化学、精 密機器といった輸出関連株が上昇。海外の商品市況高を好感し、鉱業 や非鉄金属株も高い。

ただ、米国で週末に発表される雇用統計や国内の政局動向を見極 めようと投資家の様子見姿勢は強く、先物主導の展開となる場面も目 立ち、午後は荒っぽさも見せた。日経平均株価の終値は前日比135円 82銭(1.5%)高の9062円84銭。TOPIXは同8.02ポイント(1%) 高の819.42。東証1部33業種は石油・石炭、パルプ・紙を除く31業 種が高い。

富国生命投資顧問の桜井祐記社長は、「地合いは良くない。為替は 80円台を割る可能性もあると見ている」と指摘。日本銀行は手を打ち 尽くしており、過剰消費の体質から変わろうとしている米国は雇用調 整が続いているため、「失業率がまだ高まるなど、ネガティブサプライ が出る可能性がある」と警戒を緩めていない。

ISMが発表した8月の製造業景況指数は56.3と前月の55.5か ら上昇、ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中 央値52.8を上回った。同指数は、50が製造業活動の拡大と縮小の境 目を示す。米景気の二番底リスクへの警戒感が遠のき、1日の米株式 相場はキャタピラー、アルコアなど景気敏感株中心に大幅続伸した。

為替が重荷の日本

もっとも、為替市場ではドルの戻りが限定的。東京時間2日は1 ドル=84円10-50銭付近で推移、前日のニューヨーク時間に一時付 けた83円67銭からはドル高・円安にあったが、1日の東京株式市場 の取引終了時点の同84円42銭と比べればドル買いの勢いは鈍かった。

中央証券株式部の大越秀行部長は、「週末の雇用統計を控え、ドル を買い戻すタイミングではないとの見方から、為替の動きは限定的」 という。ブルームバーグ・ニュースがまとめた8月の非農業部門雇用 者数のエコノミスト77人の予想中央値は10万人減と、3カ月連続の 減少が見込まれている。

日経平均は取引開始直後に一時156円高まで上昇したが、その後 は伸び悩み。前日の米S&P500種株価指数が3%高、ストックス欧 州600指数が2.7%高と大幅高だったのに対し、日経平均は1.5%高に とどまった。ISM統計の予想外の内容を受け、欧米株は大幅上昇と なったが、為替の影響を受けやすい日本株の上昇力は鈍かった。東証 1部の売買高は15億8057万株と、前日までの過去1年間の平均(19 億7751万株)を20%下回る。

東証1部の騰落銘柄状況は値上がり1193、値下がり342。33業種 の上昇率上位には鉱業、精密、空運、非鉄、ガラス・土石製品などが 並んだ。ゴム製品株に関しては、シティグループ証券が業績の再度の 増額修正予想を背景にタイヤ業界の投資判断を「買い」で強調する材 料もあった。

東証1部売買代金上位では、ホンダや三井住友フィナンシャルグ ループ、ソニー、キヤノン、ジーエス・ユアサ コーポレーション、日 産自動車などが上昇。半面、トヨタ自動車、三菱UFJフィナンシャ ル・グループ、東芝、エルピーダメモリは安い。

メガトプやスター精急伸、ハニーズは急落

個別では、8月既存店売上高が8カ月ぶりのプラスに転じたメガ ネトップが大幅続伸。欧州で工作機械の受注が回復し、11年2月通期 の連結営業損益が黒字転換する見通しになったスター精密が午後急伸。 クレディ・スイス証券が投資判断を上げたジーエス・ユアサコーポレ ーション、株式譲渡損失の計上一巡などで11年7月期の連結純損益は 黒字浮上を見込む上、自社株買いも行う内田洋行が大幅高となった。

半面、国内の新規事業開始による販売管理費の増加から、2-7 月期(上期)の連結営業利益が前年同期比20%減となったピジョンが 09 年6月以来の安値を更新。秋物の動きが鈍く、8月の既存店売上高 が前年同月比5.4%減となったハニ-ズは急反落した。ユーロ円建転 換社債型新株予約権付社債(CB)を発行する沢井製薬は、1株価値 の希薄化と潜在的な売り圧力の増大懸念で急落。

国内新興3市場は、ジャスダック指数が前日比0.2%安の47.98、 東証マザーズ指数が同1.1%安の364.05と下落する一方、大証ヘラク レス指数は同0.6%高の561.12と上げた。第三者割り当てで行使価格 修正条項付き新株予約権を発行するトランスジェニックがストップ安。 時価総額上位ではサイバーエージェント、ミクシィ、スタートトゥデ イが安い。海外展開と増資観測が市場で広がったほか、直近の株安基 調の中で信用買い残の多さが懸念された楽天も下げた。

半面、京都で開催中の第10回国際中皮腫会議学術集会で、臨床開 発中の抗がん剤候補化合物CBP501の第2相臨床試験の概要が紹介 された、と前日発表したキャンバスはストップ高。岩塚製菓、ラ・パ ルレ、メガネスーパーが高い。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE