深海掘削凍結措置めぐる訴訟、退けるよう求める政府要請拒否-米判事

米オバマ政権が決定したメキシコ 湾深海での石油・ガス掘削の一時的な停止措置に関し、油田サービス業 界が解除を求めていた裁判で、米連邦地裁判事は、この訴えを退けるよ う求めた政府側の要請を拒否した。

沖合油田サービス各社は、5月に発表された深さ500フィート(約 152メートル)以上の深海の掘削を半年間停止する措置は業界や地域に 回復不能な被害をもたらすと主張。ニューオーリンズの連邦地裁のマー ティン・フェルドマン判事は1日、この訴えを退けるよう求める政府側 の要請を拒否した。

フェルドマン判事は6月、米政府が命じた深海掘削の凍結措置につ いて、広範囲に及び過ぎるとして解除する判断を命令した。米政府は油 田サービス業界が提起した訴訟とフェルドマン判事が6月に下した決定 について、7月に発表した掘削凍結に関する新規則に照らすと関連性が ないと主張していた。

フェルドマン判事は理由として「内務省が発表した新たな凍結措置 は、当初の凍結措置から大幅に変更されていないことはほぼ明白と言え る」としている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE