IMF韓国担当課長:一段の利上げ余地、景気回復力強い-年次評価

国際通貨基金(IMF)のアジア太 平洋局のスビール・ロール韓国担当課長は、同国の景気回復は力強く、 政策金利を2.25%に引き上げた後にも依然として利上げ余地があると 指摘した。

ロール韓国担当課長はIMFの各国経済と政策に関する年次評価 での記者会見で「インフレを伴わずに雇用や経済を支援する中立金利 は、現在の政策金利よりもかなり高い。おそらく4%程度だろう」と述 べた。「一段の金融引き締め余地があるとみている」と語った。

韓国銀行(中央銀行)は7月9日の金融政策決定会合で、世界的 な金融危機以降で初めて利上げを実施した。IMFは1日、韓国の 2010年の成長率見通しを従来の5.75%から6.1%に上方修正したこと も明らかにした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE