マツダ:100億円で新ライン、本社工場で低燃費エンジン生産-日刊工

マツダが広島県の本社工場に約100 億円を投じて低燃費エンジンの生産ラインを新設する、と2日付の日刊 工業新聞が報じた。生産能力は年40万基で、2011年度に稼働するとして いる。マツダは燃費向上を目指して2011年度から新開発の低燃費エンジ ンに切り替えていく方針で今回の投資が第1弾となる、とも日刊工は報 じた。取材源は示していない。

ウェブへのリンク

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE