ラガルド仏財務相:中国のIMF議決権は「最も過少」-年内に改革

フランスのラガルド財務相は、国際 通貨基金(IMF)において中国の議決権が「最も小さ過ぎる」との 見解を示し、議決権の再配分について年内の合意を予定していると語 った。

財務相はパリ近郊で1日開かれた仏財界トップらの会合で、IM Fの議決権が「最も小さ過ぎる国は中国だ」と指摘。その上で、「改革 は年内に行われるだろう」と述べた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor: Ryoji Uchida 記事に関する記者への問い合わせ先: Helene Fouquet in Paris at +33-1-5365-5038 or hfouquet1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Mark Deen at +33-1-5365-5066 or markdeen@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE