NY銅先物:反発、4カ月ぶり高値-米中の製造業指数を好感

1日のニューヨーク銅先物相場は 大幅反発し、4カ月ぶりの高値を付けた。世界有数の金属消費国であ る中国と米国で製造業活動の拡大ペース加速が示されたことが好感さ れた。

中国物流購買連合会が発表した8月の製造業購買担当者指数(P MI)は51.7と、前月の51.2から上昇し、市場予想も上回った。 8月の米供給管理協会(ISM)製造業景況指数は56.3と、エコノ ミスト予想に反して前月の55.5から上昇した。

リンド・ウォルドックの市場担当シニアストラテジスト、リチャ ード・イルチスジン氏は「中国のPMIが相場上昇のきっかけとなり、 米ISM指数も後押しした」と指摘。「現在は、こうしたニュースが 相場を動かしている状況だ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先 物12月限は、前日比10.75セント(3.2%)高の1ポンド=3.4775 ドル。一時3.486ドルと、4月27日以来の高値を付けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE