出会い系サイトに学ぶ富裕層資産の呼び込み手法-調査会社が提案

富裕層の資産管理を手掛けるプラ イベートバンクは、この層がまだ投資に振り向けていないとみられ る推定10兆ドル(約840兆円)を引き寄せるため、インターネッ ト上の出会い系サイトや賭けサイトの手法を採用するべきだと、ロ ンドンを拠点とする調査会社スコーピオ・パートナーシップが指摘 した。

スコーピオのマネジングパートナー、セバスチャン・ダビー氏 は1日、チューリヒでのプライベートバンク業界会議で、「ネット上 で競争する業界の大半が、顧客理解においてあなた方よりもはるか に先を進んでいる」と指摘。「人々は恋愛をテクノロジーの手に委ね ることを辞さないのだから、資産についても同様にしないはずなな い」と語った。

ダビー氏は、プライベートバンカーは高度化されたスポーツ賭 けサイトの手法から学ぶことができるとし、ネット上での行動パタ ーンを分析することにより顧客の資産やリスクをよりよく理解でき ると語った。

プライベートバンクが管理する顧客資産は、市場が回復するな か昨年、世界で17%増加し16兆5000億ドルとなった。ただ、新 規の資金流入は60%減少し、スコーピオが今年実施した調査の対象 となった金融機関230社の中央値で9億ドルにとどまった。