香港株(終了):反発、8月の中国製造業指標を好感-本土株高い

香港株式相場は反発。中国本土株が 高い。8月の中国製造業活動を示す指数が上昇したことが好感された。

中国最大のセメントメーカー、安徽海螺水泥(914 HK)は4.3% 高。増益を発表した硫酸ナトリウムメーカーの旭光資源(67 HK)は

6.4%上昇。コンテナ船運航で世界最大の中国遠洋運輸集団(コスコ・ ホールディングス、1919 HK)や中国政府系で香港の複合企業、華潤創 業(チャイナ・リソーシズ・エンタープライズ、291 HK)も高い。

一方、中国建設省傘下の不動産開発会社、中国海外発展(688 HK) は2.4%安。中国銀行業監督管理委員会(銀監会)が住宅価格抑制に 向けた政策を実行すると伝えた国営新華社通信の報道が嫌気された。

レッドフォード・アセット・マネジメントのエグゼクティブディ レクター、ケニー・タン氏は「中国の製造業指標が香港市場のセンチ メントを上向かせている」と指摘。その上で、「世界経済の回復をめぐ る不確実性の持続が株価の重しになっている」との見方を示した。

ハンセン指数は前日比87.34ポイント(0.4%)高の20623.83。 構成43銘柄は上昇が29、下落が12、変わらずが2銘柄。ハンセン中 国企業株(H株)指数は0.8%高の11498.94。

中国物流購買連合会が1日発表した8月の製造業購買担当者指数 (PMI)は51.7と、前月の51.2から上昇。ブルームバーグ・ニュ ースまとめたエコノミストの予想中央値(51.5)を上回った。同指数 は50を超えると製造業活動の拡大を意味する。英HSBCホールディ ングスとマークイット・エコノミクスが発表した8月のPMIも51.9 と、前月の49.4を上回った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE