国内市況:株は反発・円反落、債券は急反落-民主代表選に小沢氏出馬

日本株相場は反発。前日の大幅安で 投資指標、テクニカル指標から見た割安感が広がる中、為替の円高一 服を受け、景気への影響を過度に悲観する動きが和らいだ。電機や精 密機器など輸出関連、ガラス・土石製品など素材、鉱業など資源株が 上昇。低金利の持続がコスト負担につながる不動産株も高い。

ただ、きょうから週末にかけて米国で製造業、雇用に関する重要 経済統計の発表が相次ぐため、動向を見極めたいとして買い戻しの域 を出なかった。日経平均株価の終値は前日比102円96銭(1.2%)高 の8927円2銭。TOPIXは同6.73ポイント(0.8%)高の811.40。 東証1部33業種はパルプ・紙、水産・農林を除く31業種が上昇。

午前は前日終値を挟んでもみ合ったが、為替の円高修正の動きが 強まると、午後は反発基調が鮮明になった。日本株の取引時間中は一 時1ドル=84円50銭台、1ユーロ=107円40銭台まで円が売られた。 前日の東京株式市場の終了時点は同84円15銭、同106円38銭。

こうした動きを受け、TOPIXの上昇寄与度上位には電機、機 械などが入った。長期金利が1%割れとなるなど、低金利によるコス ト低減期待から不動産株のほか、倉庫・運輸、建設も堅調。素材関連 では鉄鋼のほか、金相場の上昇を受け非鉄金属株の上げも目立った。

日経平均は8月月間で713円安。下落率は7.5%に及び、割安感 に着目した買いも入りやすかったようだ。配当利回りが2.1%に対し、 10年国債利回りは1%割り込む低水準、さらに月次の日経平均のサイ コロジカルラインも25%と、過去最低水準にあった。

ブルームバーグ・データで8月の業種別指数の下落率ランキング を見ると、1位海運(11%)、2位電機(10%)、3位ガラス・土石 (10%)、4位精密(9.9%)、5位鉱業(9.8%)、6位機械(8.8%) など。きょうはこれらの業種が上げ、月替わりとともに売られ過ぎの 修正が起きた格好だ。

債券急反落、長期金利1.035%も

債券相場は急反落し、長期金利は一時1.035%まで上昇した。民 主党の代表選挙に小沢一郎前幹事長が出馬することを受けて財政拡大 懸念が強まる中、超長期債を中心に売りが優勢となった。この日実施 の10年債入札結果が低調となったことも嫌気された。

現物債市場で長期金利の指標とされる10年物の309回債利回りは、 前日比変わらずの0.975%で始まった。午後には10年債入札結果に対 する警戒感から前日比6ベーシスポイント(bp)高い1.035%まで上 昇した。

超長期債が大幅安。財政懸念で期間の長いゾーンが売られやすく なっている。新発20年債利回りは8.5bp高い1.755%、新発30年債 利回りは10bp高い1.79%まで上昇した。

民主党代表選は、現職の菅直人首相と小沢前幹事長の争い。両氏 は同日中に政策や党運営に関する方針を発表する。投開票は14日。前 日には小沢氏が出馬を見送るとの観測が出て債券が買われたが、再び 財政拡大懸念が強まっている。

財務省によると、表面利率1.0%の10年利付国債(310回債)の 価格競争入札結果は、最低価格が99円45銭、平均落札価格は99円55 銭となった。最低落札価格は事前予想の99円50銭を下回った。テー ルは10銭と、昨年11月以来の水準に拡大し、入札の低調さを示唆し た。応札倍率は3.16倍と前回の4.18倍から低下した。

東京先物市場で中心限月9月物は大幅反落。前日比14銭安の142 円85銭で始まった後、若干下げ幅を縮め、7銭安まで値を戻した。そ の後は売りが優勢となり、午後に入って下げ幅を拡大。一時は66銭安 まで下げた。結局は48銭安の142円51銭で引けた。

円反落、世界景気への不安後退

東京外国為替市場では円が反落。中国やオーストラリアで発表さ れた経済指標が事前予想を上回り、世界景気への不安感が和らいで、 円から資源国通貨やユーロなどに資金を振り向ける動きが強まった。

ブルームバーグ・データによると、円は主要16通貨すべてに対し て前日終値比で下落。ただ、海外時間に米経済指標の発表を控え、積 極的にリスクも取りづらく、午後には円が下げ渋る場面が見られた。

円は対ユーロで1ユーロ=106円台後半から一時、1ユーロ=107 円46銭まで下落。対ドルでは1ドル=84円ちょうど付近から一時、 84円58銭まで値を切り下げた。

ユーロ・ドル相場は1ユーロ=1.26ドル台後半からユーロが上昇。 東京時間の午後に発表されたドイツの7月の小売売上高指数は予想に 反して2カ月連続の低下となったが、影響は限定的。欧州市場に向け ては1.2728ドルまで値を一時切り上げる場面もあった。

中国の8月の製造業購買担当者指数(PMI、季節調整済み)は

51.7となり、前月の51.2から上昇。8月のHSBC中国製造業 PM Iも51.9と、7月の49.4から上昇した。

豪州では4-6月の国内総生産(GDP)が前期比1.2%増加と、 1-3月期の同0.7%増(改定値)から加速。中国の資源需要が豪州 の鉱業ブームに拍車を掛けていることが寄与した。

良好な中・豪指標を受け、外国為替市場では資源国通貨を買う動 きが活発化。オーストラリア・ドルは対円で1豪ドル=75円ちょうど 前後から一時、76円10銭まで上昇。ドルに対しては1豪ドル=0.8900 ドル付近から0.01ドル超、値を切り上げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE