ナイガイ株は1カ月ぶり高値、女性レギンスは計画推移-秋冬需要へ

女性向けタイツやレギンスを製造す るナイガイ株が続伸し、約1カ月ぶりの高値水準を回復した。女性向 けレギンスの販売は引き続き好調に推移、株価2けたで個人なども手 掛けやすい中、秋冬物商戦を見込む動きが出ている。

株価は一時、前日比4.6%高の46円と7月27日以来の高値を付 けた。ブルームバーグ・データで見ると、VWAP(出来高加重平均 価格)は44円、平均取引サイズは7700株で、1取引当たりの平均売 買代金はおよそ34万円だ。

ナイガイの広報担当者である湯浅誠氏によると、5月以降の店頭 での売り上げはほぼ計画通りに推移しており、特にレギンスなどが好 調で、全体の落ち込みをカバーしているという。「冬に向け機能性だけ でなく、デザイン性を重視したレッグファッションの市場はさらに活 況すると見ている」と、湯浅氏は話した。

会社側の2011年1月期連結業績計画は、売上高が前期比3%増の 170億円、純損益はゼロ。前期は6億円の赤字だった。これに対し、 6月に公表している10年2-4月(第1四半期)の売上高は前年同期 比6.7%増の39億円、純損益は4000万円の赤字。売上高の通期計画 に対する進ちょく率は23%だった。

また同社では、中国への展開も継続的に進めており、ことし3月 には同国で10店舗目となる靴下直営店も開店した。