償還期間の長い中国人民元建て債、香港で近く発行へ-HSBC銀行

これまでより償還期間の長い中国人 民元建ての債券が近く香港で発行される見通しだ。HSBC銀行(中 国)の債券・資本市場責任者、ウィング・ウ氏は、人民元を保有する 機関投資家が増えていることが背景だと指摘する。

ウ氏は8月31日の北京でのインタビューで、「これまでよりも多 くのさまざまな機関投資家に人民元保有が認められており、市場の発 展に伴いこの傾向は拡大するだろう」と述べた。

ブルームバーグのデータによれば、香港で起債された最も償還期 間が長い人民元建て債は、中国財政省が昨年発行した2014年10月償 還の国債だ。香港金融管理局(HKMA、中央銀行に相当)の陳徳霖 (ノ ーマン・チャン)総裁は、中国当局の最近の動きはオフショアセンタ ーとしての香港の魅力を高めるものだと歓迎している。

香港では今年2月に外国企業による人民元建て社債の発行が認め られた。海通証券の香港部門は、中国本土以外の人民元建て資産に投 資する債券ファンドを設定する認可を得た。 ファストフード最大手の 米マクドナルドは8月、表面利率3%、13年9月償還の社債2億元(約 25億円)を発行した。

ウ氏は「外国企業は人民元での資金調達に非常に関心を持ってい る。現時点ではオフショア人民元市場の方がオンショア債券市場より もアクセスしやすい」と話す。

同氏は、小売り最大手の米ウォルマート・ストアーズなど中国で 事業展開する国際企業が、今後の人民元建て社債発行の主体となる公 算が大きいとみている。同社は3月、人民元建て社債の発行を検討し ていることを明らかにした。