デュークFRB理事:差し押さえ住宅の賃貸を奨励、地域社会の安定策

米連邦準備制度理事会(FRB) のデューク理事は、住宅危機の打撃を受けた地域社会を安定させるた め、差し押さられた住宅の賃貸を促進するべきだと提言した。

デューク理事は1日、ワシントンで開かれたFRB主催の会議で 講演。講演原稿によると、同理事は「現在の経済情勢やコミュニティ ーの著しいニーズを考慮すれば、従来通りのやり方では不十分だ」と 言明。「さまざまな安定策の中に賃貸という選択肢を含めることは、 失業率が高い現況においてまったく道理にかなう」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE