英HSBC:大阪、名古屋に富裕層向け支店新設-関西、東海を拡充

英銀グループ最大手のHSBCは日 本の個人富裕層向け業務で新たに大阪と名古屋に支店を開設する計画 だ。規模の大きな大都市圏に営業拠点を構えることで、個人金融資産を 取り込む狙いだ。一方で3店舗を閉鎖し、顧客資産や従業員を他店に統 合するなど効率化を進める。

HSBCは、2008年に預かり資産1000万円以上の個人向けにサー ビスを開始。現在は赤坂、広尾の都内や横浜、神戸など7拠点を構えて いる。広報担当のポール・アレン氏によれば、大阪支店などを新設する 一方で、神戸のほか、銀座、池袋支店を閉鎖。顧客資産などは近隣の支 店が引き継ぐ。これで店舗数は6となる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE