加RIM株:下落、「ブラックベリー」への支持が米英企業で低下

31日の米株式市場では、スマー トフォン(多機能携帯端末)の「ブラックベリー」を生産するカナ ダのリサーチ・イン・モション(RIM)がここ2カ月で最大の下 落率を記録。サンフォード・C・バーンスティーンの調査で、米ア ップルの 「iPhone(アイフォーン)」など、競合の機種を選 ぶ企業が増えていると明らかになったことが材料視された。

サンフォードのアナリスト、ピエール・フェラギュ氏は31日付 のリポートで、調査対象となった米国と英国の企業200社のうち、 現在は74%が従業員にブラックベリー以外の端末を使用させてい ると説明。 米国だけをみると、その割合は83%に上ったという。 同氏は「この現象は非常に新しく、RIM株のパフォーマンスに圧 力が増す」と述べた。

RIM株のナスダック市場での終値は、前日比6%安の42.84 ドルと、6月29日以来最大の下落率となった。年初来騰落率はマイ ナス 37%と、アップルのプラス15%を下回っている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE