カナダ・ドル:8週間ぶり安値に下落、経済成長ペースの鈍化で

31日の外国為替市場でカナダ・ ド ルは対米ドルで8週間ぶり安値に下落。このまま行けば、月間ベ ースで2009年6月以来最悪のパフォーマンスとなる。4-6月(第 2四半期)の国内総生産(GDP)の伸び率が市場予想を下回った。

カナダ・ドルは主要16通貨中11通貨に対して下落。景気減速 の兆しが表れたことで、カナダ銀行(中央銀行)が6月以来で3度目 の利上げを実施するとの観測が後退した。加統計局が発表した第2 四半期のGDPは前期比年率2%増加と、ブルームバーグ・ニュー スがまとめた18人のエコノミストの予想中央値(同2.5%)に届か なかった。

カナダ・ドルはトロント時間午後2時53分(日本時間9月1日 午前3時53分)現在、前日比0.6%安の1米ドル=1.0664カナダ・ ドル(1カナダ・ドル=0.9377米ドル)。一時、7月6日以来の安値 となる 1.0670カナダ・ドルを付けた。前日は1.0601カナダ・ドル だった。

対米ドルでの今月の下落率は3.5%と、主要16通貨の中で下か ら4番目。カナダ・ドルは2009年6月に6.5%下落した。

GDP統計を受けて、カナダ国債相場は上昇。2年物国債(表 面利率2%、2012年9月償還)利回りは4ベーシスポイント(bp、 1bp=0.01%)低下して1.21%、価格は9セント高の101.56カ ナダ・ドルだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE