NY外為:ドル、一時83円台-議事録公表後に売り

ニューヨーク外国為替市場で はドルが対円で下落。連邦公開市場委員会(FOMC)が31日公 表した議事録(10日開催)では、一部メンバーが一段の景気減速を 懸念したものの、具体的に大規模な資産購入を再開する計画は示さ れなかった。議事録に反応し、米国株は一時値を消した。

円は月間ベースで対ドル4カ月連続高。過去1年7カ月で最長 の連続上昇となった。世界の景気回復が下降線をたどるとの観測が 安全な逃避先としての円買いを誘った。スイス・フランは対ユーロ で最高値を更新した。

MFグローバル・ホールディングスのシニア市場ストラテジス ト、デニス・カジガス氏は、「円は質への逃避から、さらに上昇す る可能性がある」と述べ、議事録では「追加金融緩和の時期をめぐ り、政策にまとまりが欠けていることが示された。投資家は不透明 感から様子見の姿勢だ」と説明した。

ニューヨーク時間午後4時43分現在、円は対ドルで0.6%上 げて1ドル=84円12銭(前日は84円62銭)だった。対ユーロ では0.5%高の1ユーロ=106円62銭、前日は107円14銭。 この日のユーロは対ドルで0.1%未満上げて1ユーロ=1.2674ド ル。前日は1.2633ドルをつけた。

ユーロは一時対ドルで0.6%高まで値上がりする場面もあっ た。米住宅価格指数が市場予想を上回る伸びを示したほか、消費者 信頼感も予想以上に拡大し、景気回復が減速しているとの懸念が緩 和されたのが手掛かり。

FOMC議事録

議事録では、米金融当局が景気浮揚のために「量的緩和」ある いは大規模な資産購入を再開するといった意向は示唆されず、投資 家の間では失望が広がった。議事録発表後、株は一時下落した。

議事録によると、会合で数名のメンバーは「先行きがかなり悪 化するような場合」はFRBは追加の金融刺激を検討する必要が出 てくると指摘した。

ブラウン・ブラザーズ・ハリマンのシニア為替ストラテジスト、 ウィン・シン氏は、「安全逃避としての円やスイス・フランへの投 資が今も続いている」と述べ、FOMC議事録は「非常にハト派的 だった。政策金利はしばらく上昇しないだろう」と指摘した。

月間ベースの円

円は月間ベースで対ドル2.9%高。24日には1ドル=83円 60銭と、1995年6月以来の高値を記録した。4カ月連続高は 2009年1月まで続いた5カ月連続上昇以来で最長。

スイス・フランはこの日、主要通貨すべてに対して上昇。一時、 対ユーロでは1ユーロ=1.2852フランと、1999年のユーロ導入 以来の最高値を更新した。前日は1.2933フランだった。

米民間調査機関のコンファレンス・ボードが発表した8月の消 費者信頼感指数は53.5に上昇した。前月は51。米スタンダー ド・アンド・プアーズ(S&P)/ケース・シラー住宅価格指数は 6月に前年同月比で4.2%上昇した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE