8月31日の欧州マーケットサマリー:英独国債が上昇、安全需要

欧州の為替・株式・債券・商 品相場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替 スポット価格 前営業日 ユーロ/ドル 1.2692 1.2663 ドル/円 84.12 84.62 ユーロ/円 106.77 107.14

株 終値 前営業日比 変化率 ダウ欧州株600 251.31 +.15 +.1% 英FT100 5,225.22 +23.66 +.5% 独DAX 5,925.22 +12.81 +.2% 仏CAC40 3,490.79 +3.78 +.1%

債券 直近利回り 前営業日比 独国債2年物 .59% -.02 独国債10年物 2.12% -.02 英国債10年物 2.83% -.07

商品 直近値 前営業日比 変化率 金 現物午後値決め 1,246.00 +11.00 +.88% 原油 北海ブレント 74.85 -1.75 -2.28%

◎欧州株式市場

欧州株式相場は総じて上昇。米消費者信頼感指数や住宅価格指 数が予想を上回ったことが好感された。ストックス欧州600指数 は月間ベースでは5月以来の大幅安。

仏通信会社イリアッドは2008年以来の大幅高。同社が発表し た1-6月(上期)決算は2倍以上の増益となった。アイルランド の食品最大手、ケリー・グループは5.4%高。同社は利益見通しを 上方修正した。

一方、オーストリアのライファイゼン国際銀行ホールディング は2.3%安。同行の決算で純利益がアナリスト予想を下回ったこと が嫌気された。

ストックス欧州600指数は251.31と、前日比0.1%未満の 上げ。騰落比率は11対10だった。同指数は月間ベースでは1.6% 下げた。米連邦準備制度理事会(FRB)が景気回復は恐らく予想 よりも「緩やかなペースになる」との見方を示したほか、米住宅統 計や製造業受注がエコノミスト予想を下回ったことが売りにつな がった。

チェルシー・フィナンシャル・サービシズ(ロンドン)の金融 アドバイザー、ダリウス・マクダーモット氏は、「市場は小さな悪 材料に反応して極めて動きが荒くなっているため、少しでも良い材 料が出れば大きく反発する可能性がある」と指摘。「米経済は懸念 材料だが、中長期的に見れば株価には割安感がでているようだ」と 語った。

イリアッドは6.8%高。同社の上期決算は純利益が1億7140 万ユーロと、前年同期の7200万ユーロから増加した。

ケリー・グループは2010年通期の利益見通しを上方修正した。 年初からの業績が「堅調」であることを理由に挙げた。

ライファイゼン国際銀行ホールディングが発表した4-6月 (第2四半期)の純利益は7100万ユーロと、前年同期の2200万 ユーロから増加したものの、アナリスト予想の9900万ユーロは下 回った。

◎欧州債券市場

欧州債市場ではドイツ国債相場が上昇。月間ベースでも約2年 ぶりの大幅高となった。株安を背景に域内で最も安全とされるドイ ツ国債に対する需要が高まった。

10年債利回りは過去最低を記録し、30年債利回りは過去最低 まで8ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)に近づいた。 ユーロ圏のインフレ率が7月に低下したことを背景に、代表的な先 進国株価指数であるMSCI世界指数は一時、0.1%安となった。 その後発表された8月の米消費者信頼感指数が市場予想を上回る 伸びとなったことを受け、株価は回復し、国債相場の上げ幅は縮小 した。

WestLBの債券ストラテジスト、ジョン・デービーズ氏は、 「ドイツ国債相場は米国の堅調な経済データを引き続き材料視し ておらず、欧州が米国の景気鈍化の影響を受けると強く示唆してい る」と述べた。ただ、「米国債を上回る上昇を続けることは困難と なるだろう」とも語った。

ロンドン時間午後4時45分現在、独10年債利回りは前日比 2bp低下の2.12%。月間ベースでは55bp低下した。この日は

2.087%まで下げ、過去最低を記録した。同年債(表面利率2.25%、 2020年8月償還)価格は0.17ポイント上げ101.20。

30年債利回りは1bp低下の2.65%。27日には2.578%ま で下げ、過去最低を付けた。2年債利回りも1bp低下の0.59%。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)のメリルリンチ部門がまと めた指数によると、独国債のリターン(投資収益率)は8月にプラ ス3.8%と、昨年11月以来で最大となった。これに対し、米国債 は1.7%、英国債は4.2%。

◎英国債市場

英国債相場は上昇。月間ベースでは約2年ぶりの大幅高となっ た。株安を受け、安全資産とされる国債の需要が高まった。

この日の2年債利回りは約1週間ぶりの低水準となり、10年 債の2年債への上乗せ利回りは2009年4月以来の最小に縮小した。 株価指数では、MSCI世界指数が0.1%下げたほか、英国株式の 指標であるFT100種指数は一時、1.4%安まで落ち込んだ。

クレディ・アグリコルCIB(ロンドン)の資本市場戦略担当 アシスタントディレクター、オーランド・グリーン氏は、国債相場 の上昇は「全般的な回復見通しへの現在の懸念を反映している」と 述べた。

ロンドン時間午後4時48分現在、10年債利回りは前営業日比 8ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.84%。25 日には2.79%まで下げ、ブルームバーグがデータ集計を開始して 以来の最低を付けた。

2年債利回りは5bp低下の0.64%。24日には0.559%ま で下げた。この日の利回り低下で、10年債とのスプレッド(利回 り格差)は218bpと、昨年4月22日以来の最小となった。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212- 617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 名子 知子 Tomoko Nago-Kern +1-212-617-2407 tnagokern@bloomberg.net Editor:Tsueno 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE