インド株(終了):1カ月ぶり安値-GDP統計で利上げ観測台頭

インド株式相場は下落。指標のセ ンセックス30種株価指数が1カ月ぶり安値となった。インド経済が4 -6月期に2年半ぶりの高成長となったことを受け、アジアで最も積 極的な金融政策引き締めを進めてきたインド準備銀行(RBI、中央 銀行)に対する一段の利上げ圧力が強まる可能性がある。

インド最大の銀行、インドステイト銀行は3週間ぶり大幅安。発 電所建設を手掛けるジャイプラカシュ・アソシエーツは昨年5月以来 の安値に落ち込んだ。インド中央統計機構が31日発表した4-6月 期の国内総生産(GDP)は前年同期比8.8%増加した。

ボンベイ証券取引所のセンセックス指数は前日比60.99ポイント (0.3%)安の17971.12で引けた。前月末比では0.6%上げ、3カ月 連続高となった。

ステイト銀(SBIN IN)は1.2%安の2766.40ルピーと、11日以来 の安値。ジャイプラカシュ(JPA IN)は3.5%下げ109.05ルピーで終 了した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE