香港株(終了):下落、赤字拡大の富士康が安い-不動産株も下げ

香港株式相場は下落。携帯電話の OEM(相手先ブランドによる生産)世界最大手、富士康国際(フォ ックスコン、2038 HK)の1-6月(上期)の赤字が拡大したことや、 香港当局の土地入札を前に不動産株が下げたのが響いた。指標のハン セン指数は、8月の月間騰落率が3カ月ぶりのマイナスとなった。

富士康国際は7%安。時価総額で香港最大の不動産開発会社、サ ンフンカイ・プロパティーズ(新鴻基地産発展、16 HK)は1.5%下落。 フェリー運航や不動産開発を手掛ける信徳集団(242 HK)は4.7%安。 利益減少の発表が嫌気された。英銀HSBCホールディングス(5 HK) や携帯電話サービスのチャイナ・モバイル(中国移動、941 HK)も下 落した。

大福アセット・マネジメントのポートフォリオマネジャー、ダニ ー・ヤン氏(香港在勤)は「世界的に流動性が豊富だが、信頼感はま だ回復していない」と説明。「7-12月(下期)の成長鈍化はかなり 確実だ。このため多くの資金が行き場を失っている」と指摘した。

7月の米個人所得の伸びが予想を下回り、米景気回復ペースの減 速懸念が高まったことも株価のマイナス要因だった。

ハンセン指数は前日比200.73ポイント(1%)安の20536.49。 構成43銘柄は上昇が11、下落が29、変わらずが3銘柄。今月の下落 率は2.4%となった。ハンセン中国企業株(H株)指数は前日比1.1% 安の11402.90。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE