池田財務副大臣:非不胎化介入も必要、断固たる措置(Update1)

池田元久財務副大臣は31日午後、 円高問題について「今、各国が通貨安競争している」と指摘した上で、 「急激な変動には断固たる措置を取る」と強調。円高を止めるために は為替介入に伴う資金を市場に放置する「非不胎化をはっきりやって もらわないといけない」と述べ、非不胎化介入を行う必要があるとの 見解を示した。

池田財務副大臣は、国会議員や民間エコノミスト、有識者らでつ くる「デフレ脱却国民会議」の公開シンポジウムで語った。同副大臣 は「与えられた権能、選択肢は排除しない」とも述べた。さらに「過 去の介入がうまくいったのは、各国の容認、理解に加えて日銀の協力 があったからだ」と説明した。

池田副大臣はさらに、円高の流れを止める手段の一つとして「ゼ ロ金利の選択肢の可能性もあるべきだ」と指摘、日銀の対応に注文を つけた形となった。

シンポジウムでは、緊急アピールとして①政府・日銀に対して非 不胎化介入や長期国債の買い切りオペの上限撤廃などを即座に実行す る②政府が物価目標率などの金融政策の目標を定め、日銀は手段の独 立性と国民への説明責任をもってこれを達成する義務を負うことを日 銀法に明記するため法改正を行う-ことを求めている。

-- Editor:Hitoshi Ozawa,Norihiko Kosaka

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 乙馬真由美   Mayumi Otsuma +81-3-3201-8966 motsuma@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 Chris Anstey +81-3-3201-7553 canstey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE