今日の国内市況:日本株は安値更新、債券反発-米景気懸念で円全面高

日本株相場は大幅反落し、日経平 均株価、TOPIXとも終値で年初来安値を更新した。米景気の減速懸 念を背景にした円高進行への警戒感が強いほか、日本の政策当局と市場 との現状認識ギャップを指摘する声もあり、リスク資産の株式を手放す 動きが広がった。

日本経済への先行き懸念から自動車や電機、機械、化学といった輸 出関連株中心に幅広く売られ、東証1部33業種はすべて下落。値下が り銘柄数は1598に達し、値上がりはわずか50にとどまった。個別で は、トヨタ自動車が昨年3月以来の安値を更新。

日経平均株価の終値は前日比325円20銭(3.6%)安の8824円 6銭、TOPIXは同24.54ポイント(3%)安の804.67。日経平均 の下落率は6月7日(3.8%)以来の大きさ。

日本銀行の追加金融緩和策への期待から急反発して始まった前日の 取引とは一転、この日は大幅反落で始まった。午後に入っても売りは止 まらず、日経平均、TOPIXともこの日の安値圏で終了。東証1部の 売買代金は1兆1718億円と、前日までの過去1年間の平均1兆3536 億円を13%下回った。

日銀が30日に決定した追加金融緩和策では円を押し下げるには不 十分、との失望が広がる中、米景気減速を背景にした日米金利差の縮小 懸念もあり、為替相場では円高傾向が収まらない。東京時間31日の為 替市場は一時1ドル=84円10銭、1ユーロ=106円30銭台まで円高 が進み、前日の東京株式市場の通常取引終了時点の85円10銭台、108 円50銭台から大きく円高方向に振れた。

東証1部の売買代金上位にはトヨタ、ホンダ、キヤノン、東芝、ソ ニー、東芝、東京エレクトロンなど輸出関連株が下げて並び、TOPI Xの下落寄与度上位には電機、輸送用機器、精密機器、機械、化学など が入った。海外原油相場の下落を受け鉱業の下げも目立ち、金融緩和期 待から前日買われた保険や証券など金融株の一角も反落した。

債券相場は反発

債券相場は反発。米国の景気減速懸念に伴う日米株安やドル安・円 高が債券市場で買い材料視された。月末にあたり保有債券の年限を長期 化する需要も膨らむ中、10年債利回りは午後の取引で再び1%の大台 を割り込んでいる。

東京先物市場の中心限月9月物は前日比19銭高い142円64銭で 開始。直後にこの日の安値142円62銭を付け、その後しばらくは142 円70銭を中心にもみ合ったが、午後に入るとじりじりと水準を切り上 げた。さらに2時過ぎ以降に買いが膨らむと一時は143円ちょうどま で上昇して、結局は54銭高の142円99銭で取引を終えた。

米国では今週に発表される雇用統計などの指標で景気減速が示され る見通しが広がったことが材料視されており、国内市場も米国に追随す る格好で債券高、株安、ドル安・円高の展開となった。

米株式相場の下落や為替が1ドル=84円台前半までドル安・円高 が進んだことから、日経平均株価は一時3.6%も急落しており、午後の 債券先物相場の押し上げ要因となったもよう。

現物市場で新発10年物の309回債利回りは前日比3bp低い

1.00%で始まり、しばらくは1.00-1.005%での小動きが続いた。し かし、午後に入って再び買いが膨らむと1%の大台を下回り、2時過ぎ 以降には予想外の金利急低下となった。3時20分現在では7bp低下 の0.96%で推移している。

あす9月1日には10年債の価格競争入札を控えており、市場では 309回債利回りが1%に接近すればヘッジ売りが膨らむとの見方もあっ たが、株安進展などを背景に買いが優勢となった。

一方、民主党代表選(14日投開票)の告示をあすに控えて、小沢 一郎前幹事長の出馬の有無を見極める雰囲気も広がった。

小沢前幹事長が26日に代表選出馬を表明すると、市場では昨年の 衆院選マニフェスト(政権公約)に盛り込んだ政策実行が意識されて財 政規律維持に対する懸念が広がった。

午後には小沢前幹事長が記者団に対して、菅首相と会談する可能性 について「いや、ありません」と述べたことが伝わり、債券先物に一時 的に売りが膨らむ場面もあった。

円が全面高

東京外国為替市場では円が主要16通貨に対して全面高となった。 対ドルでは1ドル=84円台前半まで水準を切り上げた。週内に米国で 各種経済指標の発表を控えて、景気の先行き不透明感が根強く、リスク 回避に伴う円買いが進みやすい展開が続いた。

ドル・円相場は午後に入ってじりじりと円買い圧力が強まり、一時 84円8銭と、4営業日ぶりの水準まで円高が進行。ユーロ・円相場も 一時1ユーロ=106円25銭と、同じく4営業日ぶりの円高値を付けて いる。

前日の米株式市場では、一部指標の結果が弱かったことから、主要 3株価指数が反落。株価の予想変動率の指標であるシカゴ・オプション 取引所(CBOE)のボラティリティ指数(VIX指数)は2営業日ぶ りの水準に上昇しており、リスク資産向け投資が敬遠される可能性が示 された。

米景気の先行き懸念がくすぶる中、今週は各種指標が市場の予想比 で下振れする可能性が警戒されている。9月3日には景気動向を見極め る上で最も注目度の高い雇用統計の発表を控えているが、ブルームバー グ・ニュースがまとめた市場予想では、8月の非農業部門雇用者数は前 月比で10万人の減少が見込まれている。予想通りとなれば、3カ月連 続の雇用減となる。

また、あす9月1日には米供給管理協会(ISM)が8月の製造業 景気指数を発表する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE