仏エルメスの1-6月:純利益55%増-アジアの需要好調

フランスの高級ブランド、エルメ ス・インターナショナルの1-6月(上期)決算は、純利益が前年同 期比55%増となり、アナリスト予想を上回った。アジアでの皮革製品 需要が好調だった。

同社がウェブサイトで31日発表した資料によると、純利益は1億 9460万ユーロ(約208億円)と、前年同期の1億2540万ユーロから 増加。ブルームバーグがまとめたアナリスト5人の予想平均値では、 1億7120万ユーロが見込まれていた。同社が7月に発表した1-6月 期売上高は前年同期比23%増の10億7000万ユーロ。

同社は先月20日、4-6月(第2四半期)の売上高がアナリスト 予想を上回って増えたと発表。2010年通期の売上高は為替の影響を除 き最大で前年比12%増加するとの見通しを示した。中国人買い物客に よる高級衣料品・服飾品の購入増や、欧米の小売各社による在庫積み 増しで高級品需要は回復しつつある。

1-6月期の営業利益は前年同期比52%増の3億450万ユーロと、 アナリスト4人の予想平均値(2億5900万ユーロ)を上回った。営業 利益率は28.3%と、前年同期の22.8%から上昇した。通期の営業利益 率は前年比で少なくとも1ポイント改善するとの見通しをあらためて 示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE