野田財務相:必要な時には断固たる措置-あらためて介入示唆

野田佳彦財務相は31日午前の閣議 後会見で、政府・日銀による円高・株安を阻止するための対応策公表 後の為替動向について「足元の為替の動きは一方向に偏っている」と の認識を示した上で、「引き続き市場の動向を重大な関心を持って見る ことに加えて、必要な時には断固たる措置を取る」と述べ、あらため て介入も辞さない構えを示した。

日本銀行は30日の臨時金融政策決定会合で、新型オペ(公開市場 操作)による資金供給額を20兆円から30兆円に引き上げるとともに、 うち10兆円の資金供給期間を6カ月に延長することを決定。政府も同 日、当初予定から1日前倒しして、企業の設備投資促進策や、住宅・ 家電エコポイント制度の延長などを柱とした経済対策の基本方針を取 りまとめ、市場に連携姿勢をアピールした。

野田財務相は「足元の経済・金融情勢の変化に対応して日銀は的 確、迅速に対応していただいた」と述べ、日銀の決定をあらためて評 価。政府の経済対策については「景気の下振れリスクに対する対応、 新成長戦略の前倒しという2つの視点から考えた」と説明した。その 上で、「政府の対策と日銀の金融政策が相まって、これから効果が上が ってくる」との期待感を示した。

市場では、日銀の追加金融緩和策への失望感や米個人所得の低迷 から株価が輸出関連を中心に全面的に大幅反落。為替相場も前日比円 高で推移している。日経平均株価の午前終値は前日比236円93銭 (2.6%)安の8912円33銭。東京外国為替市場は1ドル=84円台半 ばで推移している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE