国交相:日航は午後に更生計画を提出、格安航空会社設立も

前原誠司国土交通相は31日、閣議後 の会見で、経営再建中の日本航空が同日午後に更生計画案を東京地裁に 提出することを明らかにした。

更生計画案について、前原国交相は、「政府としても、財務面など で評価できる内容」と指摘。「政府は引き続き再生に必要な支援を行っ ていくし、国交省としても指導、監督する」と語り、着実に実行すれば 初年度から営業黒字になるとの見方を示した。

国交相はまた、「今回の再生案にはLCC(格安航空会社)の創設 が盛り込まれた」と言い、「新たな別会社をグループの中につくらない と脆弱(ぜいじゃく)性を増す。LCCは計画を検討するのではなく、 実行し体質強化するのが大切」と述べた。

記者からの更生計画がうまくいかなかった場合の政府の支援や対応 についての質問では、「更生計画実施が大前提だが、大災害などのさま ざまな想定外のことがあり、日航がダメージを受ける場合は柔軟な対応 が必要だ」と話した。

日航と支援機構は提出後、同日午後4時から都内で記者会見を開催 する予定。稲盛和夫会長や大西賢社長、支援機構の瀬戸英雄・企業再生 支援委員長らが出席し更生計画について説明する見通し。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE