日米、普天間専門家報告書:代替施設の新飛行ルート示さず

政府は31日、米海兵隊普天間飛行 場(沖縄県宜野湾市)を同県名護市辺野古地区に移設させるとの日米 両国の合意をめぐる代替施設の位置や配置、工法に関する日米専門家 の報告書を発表した。

岡田克也外相が記者団に明らかにした報告書は、代替施設の工法 は埋め立てとし、滑走路に関しては、現行計画に沿った2本のV字形 と、日本側が提案した1本のI字形を併記した。米側が求めてきた陸 上に近接する新たな飛行ルートについては、明示を見送り、継続協議 する方針を示した。

5月末の日米合意は、普天間飛行場の移設先について「オーバー ランを含み、護岸を除いて1800mの長さの滑走路を持つ代替の施設を キャンプ・シュワブ辺野古崎地区およびこれに隣接する水域に設置す る意図を確認した」と明記。代替施設の詳しい位置や工法などに関す る専門家による検討を8月末までに完了させる方針を示していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE