ロシアのUCルサール:4-6月は黒字-アルミ値上がりが寄与

アルミニウム生産最大手、ロシア のUCルサールの4-6月(第2四半期)決算は、純損益が黒字とな った。アルミ価格上昇や保有する鉱山会社ノリリスク・ニッケル株の 値上がりが寄与した。

ルサールが31日発表した資料によると、純利益は10億2000万ド ル(約860億円)。前年同期は2億3000万ドルの赤字だった。ブルー ムバーグ・ニュースがアナリスト5人を対象にまとめた調査の中央値 では、純利益3億9200万ドルと予想されていた。売上高は前年同期比 51%増の30億ドル。

資産家オレグ・デリパスカ氏が経営権を握るルサールは、1-6 月(上期)にアルミ価格が前年同期比で平均5割上昇したことや世界 的な需要拡大を受け、複数の工場を再稼働した。同業の中国アルミ(チ ャルコ)によると、中国では国内の電力コスト上昇で生産が抑制され た。

UOBケイ・ヒアンのアナリスト、ヘレン・ラウ氏(香港在勤)は 決算発表前に電話で、「アルミ価格が安定してきているため、上期の業 績はかなり好調だ」と指摘。「石炭・電力コストの上昇で生産者は値上 げに動くとみられ、アルミ価格は7-12月(下期)にさらに上昇しそ うだ」と述べていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE